母校の文化祭に行ってきました。図書委員の企画で古本市があり、専門書を買い込みました。普通、専門書は古本屋でも2000円とか平気でするのですが、10冊近く買って1000円ジャストくらい。ちなみに、「UNIXシステムコールプログラミング」とか、「コンピュータの数学」とか、「進化の創造力」とかです。最後のはちょっと違うけど、この手の分厚い専門書はどの道将来部屋に置いとかなければならないに違いないので、いまあまり読む時間がなくても、とりあえず買っておきました。

僕の知り合いの後輩たちが作った「ウラコウMATRIX」は傑作でした。ギャグのセンス、タイミングはさることながら、申し分ない撮影技術と編集技術、耳障りでないオリジナルサウンドトラック、すばらしいです。そんなことここに書いても仕方ないんだけど。高校3年生がこの時期にちゃんと勉強以外のことをやるというのはやっぱり僕なんかは好感が持てます。