zooって、何でこんなに短い単語なんでしょうか。単語の短さって身近さに比例する(おっと、洒落てしまった)と思ってましたが、zooって、そんなに身近なんでしょうか。

ワライカワセミというのがいまして。顔が、ちょっぴり、にやけたような感じなんですね。で、納得してたんですが、英名が laughing となってまして。。。ひょっとして鳴き声が、でも、鳴かないしなぁ、とか思いつつ、隣の鳥へ視線を移す間際。

「うけけけけけけけけきゃきゃきゃきゃきゃきゃきゃきゃきゃ」

と、2段階で笑ってくれました。大音響。見てるこっちも大爆笑したけれど、笑い負けしました。