昨日から家族で佐渡に来ています。車とフェリーで。

朝から散歩してきました。大きなトンボを発見して、買ったばかりのデジカメで乱れ撃ち。1枚くらい写ってるかなー、と。

島をドライブしていくと(僕の運転ではない)、佐渡名物を織り込んだ交通標識がありました。

「スピード違反は、もうスルメー」「シートベルトは、アタリメー」「交通事故は、もうオケサ」

オケサというのは、土佐名物 オケサ踊りのことですが、もうオケサ?

「交通事故は、もうOKさ!」??

すぐに救急車がきて、無事助かったとか、そういうことだろうか。交通事故なんかもう怖くないとかいう境地だろうか。どちらにしても、交通標識としてふさわしいとは思えない。あるいは、オケサという単語は、単なる踊りの名前ではない何か意味があるのかもしれない。

「交通事故は、もうたくさん」「交通事故は、もううんざり」

とか、そんな風に解釈しようと努力してみるのも悪くないが、下手なことをすると、踊りが被害を受けるのである。

「たくさん踊り」「うんざり踊り」これはこれで興味深い。