以下のすべてを、出来るだけ素早く行うこと。ただし、「素早く」は動きの速さではなく、無駄な動きを排除し手数を少なくすること、及び、体の各部分の平行処理を最適化することによって達成されることが望ましい。

洗濯物の皺を伸ばす

すべてを伸ばす事は不可能。

では、どこを伸ばすべきか。どこにある皺が目立つか。

優先順位を付け、最小限の作業で最大の効果を上げること。

負担無く吊るす

構造を見極め、負荷に弱い箇所に重みがかからないようにする。

伸縮性のある箇所は伸ばさないようにする。

重みによって皺を伸ばす

風通しを確保する

空気の吹きだまりが発生しないよう、流線を設計する。

 資源バランス、重量バランス

ピンチとハンガーの数を把握し、最適な配分を算出する。

作業完了時にフラットになるよう、先を読みながら重量バランスをとる。