人狼は作者不詳のゲームで、役職の呼び方や判定の出し方にいろいろとバリエーションがあります。

ゲームマスターの進行にもコミュニティごとに特徴があり、他のコミュニティでプレイすると戸惑うこともあるかもしれません。

最低限、ゲームがプレイできれば進行はどのように行っても良いのですが、ゲームマスターが1つミスをすると、ゲームが続行不能になってしまうこともあります。また、人狼ゲームの特徴として、プレイ中はルールの確認が難しく、特に夜フェーズ中はプレイヤーは声を発することが出来ないので、親切で簡潔な進行が求められます。

ゲームマスターのマニュアル化にあたり、重要なポイントは

  • ゲームマスターの負担を出来るだけ減らし、ミスを起こしづらい手順

  • 初心者プレイヤーにも分かりやすい、最小の説明

の2つです。

以下に挙げるのは、私が今までに様々な人狼コミュニティでプレイしてきた中で、上記2つのポイント

で効果が高いと思われるもののリストです。(他にも何かございましたら是非コメント欄に!)

そのコミュニティでルールが確立しているなら、今更変えなくても良いと思いますが、あらたにコミュニティを立ち上げる方や、カードセットを作成してマニュアルを作る方は、是非ともご参考頂きたいと思います。

判定サインは、短い言葉で説明できるように

人間と人狼のサインをどのようにするかはコミュニティによっていろいろで、どれがベストということも無いので慣れ親しんだもので良いでしょう。

初心者はサインを覚えていないと不安になるので、ゲームマスターがサインの意味を毎回説明するのは良いことですが、例えば以下のように、実際に手を動かしながらサインの説明をすると、プレイヤーから見て、説明のためのサインなのか、実際の判定結果なのかがわかりづらくなります。

悪い例:

「人間ならこちら、人狼ならこちらのサインを出します。そちらの方の占い結果はこちらになります」

サインを短い言葉だけで説明できるようにあらかじめ準備しておくと、以下のように進行できます。

オススメ例;

「占い結果はこちらになります。チョキなら人狼、パーならそれ以外です」

また、先にサインの意味を確認してから判定を知るより、判定を見てからその意味を確認できる方がプレイヤーの負担も減ります。

言葉だけで説明できるサインは、騙り役の初心者にとっても親切です。

「夜が明けたら嘘の判定を出さなければならない。人狼のサインはどうだすんだっけ?こちら?こちらってなんだっけ??」と、不安を募らせずに済みますね。

両手を使うサインは、ゲームマスターが筆記用具を持っている場合にサインを出しにくいという問題があり、私はあまりオススメしません。(人狼の時だけ両手でサインを出すルールで、脇に挟んだクリップボードを落としてしまい、今の人狼判定だろ、、、と実際に分かってしまった事件がありました)

「人間」と「村人」、「人狼」と「それ以外」

初心者プレイヤーが混乱しやすいのが「村人」という言葉です。(カードセットによっては「市民」と呼ばれます)

用語をきちんと整理しておかないと、占い師は村人? 狂人は村人? と質問されたときに、イエスかノーで簡単に答えることが出来ません。

例えば以下のように整理しておくと良いでしょう。

  • 狂人は人間。占い師は人間。村人は人間。判定は、人狼 or 人間。

ハムスターや妖狐のような役職を加える場合は

  • 判定は、人狼 or それ以外。

霊能判定を最初に

夜フェーズの最初に霊能判定を出しましょう。

これには2つの利点があります。

1つ目は、誰の判定なのかが明確であること。

2つ目に、他の情報が入ってくる前なので間違えが起きにくいということ。

夜フェーズが進んでゆくと色んな役職からの指名が飛び交います。ゲームマスターの負担は出来る限り減らしたいものです。

霊能結果は一番最初に出すことが出来るのですから、すぐに出してしまえば、その夜フェーズでは霊能者の事を忘れることが出来、負担が少し減ります。

また、初心者プレイヤーは処刑と襲撃を混同しがちですが、処刑の直後に判定を貰えば間違えようが無いので、プレイヤーにも親切です。

オススメ例:

「夜になりました。霊能者さん起きてください。たった今吊られた方の正体はこちらでした。チョキなら人狼、パーならそれ以外です」

人狼の襲撃を最後に

これも、ゲームマスターのミスを防ぐためのコツです。

「既に死んでいる役職の分もちゃんとコールする」というような基本ルールは、ゲームマスターの初心者も案外すぐに飲み込みますが、状況が複雑になり、同時に考えるべきことが増えた時についうっかりしがちです。

襲撃の後にボディーガードや占いのフェーズが続くと、「死ぬと決まったけどまだ誰にも教えてはいけない」という、ゲームマスターだけが生死を知っている、言わば半死のような状態が一時的に発生します。

例えば、「死んだ人は輪から抜ける」というルールを徹底していても、半死のプレイヤーは輪に残っています。そんな時、ボディーガードや占いのフェーズで半死のプレイヤーを指名されたら?「まだ生存している」として判定を出すのが正解ですが、ゲームマスターが不慣れで一瞬でも迷いを見せると、プレイヤーに情報を漏らすことになってしまいます。

襲撃を最後にすることで、そういった負担を無くすことが出来ます。

オススメ例:

「それでは最後に人狼の方、今夜の襲撃先はどうしますか?」

その他

恋人やハムスターのような特殊役職の処理にもノウハウがあるのですが、これらの役職を入れる場合はゲームマスターも経験豊富な方が多いでしょうし、きりがないのでひとまずここまでとします。

なにか他にもオススメの進行ノウハウをお持ちの方は、是非コメントください。